JOY A LIFE

楽しむことは生きること

本しかネタがないの【十三番目の人格 ISOLA】著者:貴志祐介

かくして読書を覚えた私は、貴志祐介ローラーを始める。

 

なんのこっちゃ!

前回、30歳を超えて読書を覚えたことを告白しましたけど、

次何読む?→同じ著者の別の作品

これが自然でした。

 

本当は「新世界より」を読みはじめたんですけど、なんかファンタジーの部分から抜け出せずになかなか進まない、いや、進めれば面白いはずなんだけど、進まない(つдT)

 

ってことで、「新世界より」は後回しにして、

【十三番目の人格 ISOLA】を読み始めました。

 

十三番目の人格 ISOLA (角川ホラー文庫) | 貴志 祐介 | 日本の小説・文芸 | 文房具・オフィス用品 | Amazon

 

==========================

賀茂由香里は、人の強い感情を読みとることができるエンパスだった。その能力を活かして阪神大震災後、ボランティアで被災者の心のケアをしていた彼女は、西宮の病院に長期入院中の森谷千尋という少女に会う。由香里は、千尋の中に複数の人格が同居しているのを目のあたりにする。このあどけない少女が多重人格障害であることに胸を痛めつつ、しだいにうちとけて幾つかの人格と言葉を交わす由香里。だがやがて、十三番目の人格〈ISOLA〉の出現に、彼女は身も凍る思いがした。

==========================

 

エンパスって言葉を初めて聞いたけど、子供の頃から言ってる「エスパー」的なやつかな?感情を読み取っちゃうなんて本当に疲れると思います、、、

 

かくして由香里は多重人格障害千尋に会うんですけど、、、

イメージよりは怖さが少なくて、千尋への同情が強くなっちゃってました、読んでる私は。

ちなみに映画も見ましたが、会社に一人残業していてそのときに流していたため(真面目に残業しろ)妙に怖かった覚えがありますw

 

私の中では、「黒い家」を超えることなく、、、でも面白かったのでちゃんと最後まで読めた作品でした!

映画より原作が面白かったです(=゚ω゚)ノ